スペシャルオリンピックスとは

スペシャルオリンピックスとは

スペシャルオリンピックス(SO)とは、知的障害者に様々なスポーツトレーニングとその成果の場である競技会を,年間を通して提供するスポーツ組織です。SOでは,活動に参加する知的障害者をアスリートと呼び,多くのボランティアやアスリートのファミリーが、一緒になって彼らの活動を支えています。SOは,アスリートの健康や体力増進,スポーツスキルの向上だけでなく、スポーツ活動を通して多くの人々と交流し、アスリートの社会性を育むことを目的としています。また、多くのボランティアが参加することで,知的障害者に対する理解を広げる機会にもなると考えられています。



アスリートとは・・・スペシャルオリンピックス(SO)では、SOのスポーツ活動に参加する知的障害のある人を、「アスリート」と呼んでいます。6歳からSOに、8歳から競技会に参加できます。


ファミリーとは・・・スペシャルオリンピックス(SO)では、「アスリート」のご家族を「ファミリー」と呼んでいます。SOでは、ファミリーもさまざまなかたちで活動に参加しています。


アメリカで生まれ、世界に広がりました

スペシャルオリンピックスは1963年、故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバー夫人が自宅の庭を知的障害のある人たちに開放して開いたデイキャンプが始まりです。
SOの活動は、ジョセフ・P・ケネディ財団の支援のもと1968年に組織化され、「スペシャルオリンピックス」となり、全米をはじめ、世界へ広がっていきました。 
競技会は、1969年シカゴで開催された全米大会を機に、夏季世界大会が始まり、ついで1977年から冬季世界大会も行われるようになり、オリンピックと同じようにそれぞれ4年毎に開催されています。
現在、160以上の国と地域が加盟し、約100万人のアスリートと75万人のボランティアが活動に参加しています。


スペシャルオリンピックスが目指すもの

 アスリートの健康や体力増進、スキルの向上だけでなく、多くの人との交流を通じて彼らの社会性を育むこと

 適切な指導と励ましでアスリートが上達し、自立への意識を高め成長していくこと

 活動に参加するボランティアがアスリートとのかかわりの中で多くのものを学んでいくこと

 私たちは、スペシャルオリンピックスの活動に継続的に取り組むことにより、知的障害のある人たちと地域の人たちとの交流が促進され、互いを認め尊重し合う、共生社会の実現へとつながっていくと考えています。