活動報告

活動

スケート教室スタートしました!

102日(木)19時~、第1回目のスケート教室がスタートしました。

 

5組の親子と12人のボランティア、2人のインストラクターが参加。

氷の上をハイハイするところから始まって、パイロンにつかまりながら立って進み、

最後はボールを拾って集めるゲームを楽しみました。

 

初めてのアスリートも、最後まで笑顔で楽しんでいました。

 

今後も毎週木曜日に開催されます。

 アイススケート教室写真 HP用

2014年10月9日

支援者向けスケート講習会を開催しました

2014年6月27日(金)に新潟アサヒアレックスアイスアリーナにて、知的障がい者の支援者向けのスケート講習会を開催しました。
2016年2月に新潟県内での開催が決まった、冬季ナショナルゲーム(全国大会)に向け、いずれ、SON・新潟にも、アイススケートのプログラムを立ち上げたいと思っております。
講習会には、約30名の方が参加しました。アイスアリーナのトレーナーの方から、スケート靴の履き方、転び方、立ち方など、初歩的な事から丁寧にご指導をしていただきました。この講習会に参加された方達に、今後開催予定の、アイススケート・レクリエーション教室(知的障がい者向けのアイススケート教室)のサポートボランティアをお願いしております。こちらの教室は、新潟アサヒアレックスアイスアリーナの主催です。
お問い合わせは、SON・新潟事務局までお願いします。
スケート支援者講習会1 スケート支援者講習会2

2014年9月12日

新潟ふれ愛カップ2014バスケットボール競技大会

2014年8月31日(日)、新潟市内にある、新潟県障害者交流センター(新潟ふれ愛プラザ)と新潟県立江南高等特別支援学校を会場に、新潟ふれ愛カップ2014バスケットボール競技大会が開催されました。この大会には、選手が知的障害者で構成されるクラブチームや特別支援学校のチームが参加し、SON・新潟からも、新潟市の2つのプログラムから3チームが出場しました。また、個人スキルコンテストには9人が出場しました。
競技大会として他には、江南高等特別支援学校の生徒・卒業生、FID(知的障害者バスケットボール連盟)新潟、福島県のチームも参加し、全体で10チーム(内、女子2チーム)が出場、新潟市南区手をつなぐ育成会は個人スキルコンテストに参加、全体で16名が出場しました。運営及び資金面では、新潟県障害者スポーツ協会に大変お世話になりました。
新潟県バスケットボール協会から7名の審判が来て下さいました。以前、SON・新潟の地区競技会にも来て下さった方が何人もいらして、その時のアスリート達のひたむきな姿が印象的だったので、今回も楽しみに来て下さったそうです。また、新潟医療福祉大学から5名の学生がテーブルオフィシャルとして協力してくれました。
今大会は、SOの競技会と違い、予選がありません。また、1クォータ7分のゲームを各チームが2~3ゲーム行いました。SOのアスリート達は、4クォータの試合をしたことがないので、体力的にきつかったと思いますが、最後まであきらめずにプレイを続けました。他団体の保護者から、SOのアスリート達が一生懸命走って、とてもよく頑張っていたとお褒めの言葉をいただきました。他団体のチームと、SOのチームとは、実力の差があり、あまり勝てませんでしたが、アスリート達の表情は、明るかったです。自分達の試合が終わった後、得点係を頼まれ、2人のアスリートが審判からやり方を教わり、協力をしました。

今大会に参加した経験を今後の練習に生かし、また来年、同様の大会があったら、また参加していきたいと思います。

開会式(選手宣誓)
開会式(選手宣誓)
チームゲーム
チームゲーム1 チームゲーム2
チームゲーム4 チームゲーム3
個人スキルコンテスト(ターゲットパス)     (10mドリブル)
個人スキル(パス) 個人スキル(ドリブル)

2014年9月11日

フロアホッケー支援者講習会

2014年8月9日(土)新潟ふれ愛プラザにて、フロアホッケーの支援者講習会を開催しました。
アスリート、特別支援学校生徒、障害者スポーツ指導員、教員、ファミリーなど50人の参加者で盛り上がりました。
始めに、フロアホッケーについてのDVDを見て、勉強をしました。
その後、パスやシュートなどの練習を行いました。
シュート練習写真
最後に、ミニゲームをやって、終了しました。
ミニゲーム写真3 ミニゲーム写真1
ミニゲーム写真2 ハイタッチ写真
2016年の冬季ナショナルゲーム新潟開催に向けて、フロアホッケーの輪を広げたいですね。

2014年8月21日