冬季NG2016 in新潟

2016年第6回スペシャルオリンピックス日本

冬季ナショナルゲーム・新潟大会 大会概要

20146月時点での予定です。変更の可能性もありますので、ご了承ください。)

大会趣旨:知的障害のある人が日頃のスポーツトレーニングの成果を発表する場として4年に一度開催される、全国規模の冬季競技会です。オーストリアで開催される「2017年スペシャルオリンピックス冬季世界大会」に派遣する日本選手団の選考も兼ねています。

大会テーマ案:「あなたの勇気とやさしさで、かかわろう、つながろう、つたえよう」

開催期間:2016年2月12日(金)~14日(日)3日間

大会スケジュール:1日目 開会式、2日目 予選競技・選手団交流会、3日目 決勝競技・表彰式・閉会式

会場:開会式・閉会式・フロアホッケー  朱鷺メッセ展示ホール(新潟市中央区)

   ショートトラックスピードスケート・フィギュアスケート  新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(新潟市中央区)

アルペンスキー・スノーボード・クロスカントリースキー・スノーシューイング  五日町スキー場(南魚沼市)

イベントやその他の事業:大会前   トーチラン、障害のある人とない人との交流プログラム、 共生社会について考えるフォーラム など

            :大会期間中 ヘルシーアスリートプログラム(注)、選手団交流会、ファミリー交流会、一般の方も参加できる交流体験プログラム、 知的障害者がボランティアとして活動(健常者とのペアシステム)

注・・・大会中、アスリートの健康診断を行い、健康に対する意識や知識の啓発を行い、生活の質の向上を目指すプログラム

実施競技 アルペンスキー スノーボード クロスカントリースキー スノーシューイング STスピードスケート フィギュアスケート フロアホッケー
大会PR用チラシ
以下のPDFリンクから、ご覧ください。

大会PR用チラシPDF

ご協賛のお願い
多くの皆様の温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
詳しくは、以下のPDFリンクをご覧ください。
ご協賛のお願いPDF


冬季NG

ふるさと応援寄付金で、スペシャルオリンピックス2016新潟を応援しよう!

来年2月12~14日に、新潟市及び南魚沼市で、「第6回2016年スペシャルオリンピックス日本 冬季ナショナルゲーム・新潟」が開催されます。 全国から、アスリート・コーチ・ボランティア・応援の方々が、来県される全国規模の大会です。 この大会の開催には、多くの寄付金が必要です。現金での寄付の他に、「南魚沼市」と「新潟市」のふるさと応援寄付金(ふるさと納税)での寄付をすることが出来ます。

詳細は、こちらのチラシをご覧ください。 → ①SON・新潟大会応援チラシ ②ふるさと納税とは?

南魚沼市ふるさと応援寄付金についてはこちらへ → ふるさと南魚沼応援サイト

新潟市ふるさと応援寄附金についてはこちらへ  → ふるさと新潟市応援寄附金

皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いします。

2015年7月17日

スペシャルオリンピックス2016新潟大会スローガンについて

2016年2月12日(金)~14日(日)に新潟県内(新潟市、南魚沼市)で実施される、スペシャルオリンピックス2016新潟大会スローガンの募集に対して、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。応募総数299点の中から、お二人の方の作品を選び、大会のスローガンとして採用いたしましたので、お知らせいたします。

<採用作品>
三浦 正和 様(静岡県掛川市)「トキめけ キラめけ 力いっぱい 心いっぱい」
藤原美保子 様(新潟県新潟市)「ささえあう笑顔 ひろがる勇気 感動を 新潟から」

<決定した大会スローガン>
トキめけ キラめけ 力いっぱい 心いっぱい
~ささえあう笑顔 ひろがる勇気 感動を 新潟から~

(大会スローガンの説明)
一段目は、全国各地区のアスリートが、新潟で開催される冬季ナショナルゲームにおいて最高に輝くことができるように、またその姿を心にえがいて日々のトレーニングに精一杯いきいきと取り組むことができるように、との願いを込めています。
また、この大会は、知的障害のある人とない人が、共に楽しみ、共に作り上げる大会を目指しています。この大会にかかわるすべての人たちが、互いのかかわりやつながりを大切にし、自分が感じたことをみんなに伝えていこうという、大会コンセプトを、二段目に表現しています。

応募された全スローガンPDF

2015年3月5日